輝かしい戦績
2009年、 当時3歳馬だったシー ザ スターズは6つのG1レースを連戦連勝した。その中には、1600メートルと2000メートルの2つのクラシックレースが含まれている。タイムフォーム社 によるレイティングは140.獲得賞金は4,946,713ユーロ。2歳馬の時代にもG2レースで優勝している。
 
シー ザ スターズの母馬のアーバンシーは、1993年シーズンに4歳牝馬の欧州チャンピオンとなった。彼女はこの年の2~5歳を対象とするレースで8レースに優 勝。その中には凱旋門賞とアルクール賞(いずれもG1)での勝利が含まれる。アーバンシーは7頭の重賞優勝馬の母馬でもある(以下、詳細)。
 
   シー ザ スターズ(アイルランド)牡馬、2006年生まれ、父馬はケープスロス(上記を参照)。 
 
  



ガ リレオ(アイルランド)牡馬、1998年生まれ、父親はサドラーズウェルズ。2001年の欧州3歳馬チャンピオン。2歳から3歳の間に6レースで優勝。そ の中はダービー(G1)、アイリッシュダービー(同)、キング ジョージ6世&クイーンエリザベスス テークス(同)、アイリッシュダービートライアルステークス (G3)、バリサックスステークス(準重賞)が含まれる。 このほか、アイリッシュチャンピオンステークス(G1)で2着。 現 在は世界最上級の種牡馬として活躍。
 
  


ブ ラックサムベラミー(アイルランド)牡馬、1999年生まれ、父馬はサドラーズウェルズ。2002年イタリア3歳馬チャンピ オン。以下の4つのレースで優勝。タターソールズゴールドカップ(G1)、イタリアジョッキークラブ大賞(同)、アレッジ ドステークス(準重賞、レパーズタウン競馬場)。このほか8レースで2着以下に入賞。
 
  

その中には、ブガッティ大賞(2着、G1、バーデンバーデン競馬場)、オカール賞(2着、G2)、コロネーション カップ(3着、G1)、クリテリウム・ド・サンクルー(3着、G1)が含まれる。現在は種牡馬。 
 
  



マ イタイフーン(アイルランド)牝馬、2002年生まれ、父馬はジャイアンツコーズウェイ。2歳から5歳の間で米国の9レー スで優勝。その中にはダイアナステークス(G1)、ボールストンスパハンデ(G2)、ジェニーワイリーステークス(同)、 ミセスリヴィアステークス(同)が含まれる。ガーデンシティで開催されたブリーダーズカップステークスでは(G1)では3 着。現在は繁殖牝馬。

 
  


オー ルトゥービューティフル(アイルランド)牝馬、2001年生まれ、父馬はサドラーズウェルズ。ミドルトンステークス (G2)、サルサビルステークス(準重賞)など3つのレースで優勝。このほか、オークス(G1)で2着、ブランドフォードス テークス(G2)で3着など、3度の入賞を果たしている。現在は繁殖牝馬。
 
  

アーバンオーシャン(フランス)牡馬、1996年生まれ、父馬はベーリング。2歳から4歳の間に4つのレースで優勝。その中 にはガリニュールステークス(G3)、ムーアズブリッジステークス(準重賞)が含まれる。現在は種牡馬。
 
  


メ リカー(アイルランド)牝馬、1997年生まれ、父馬はラムタラ。3歳のときに3歳馬の上位4頭にレイティングされた。同 年、アイルランドプリティーポリーステークス(準重賞)で優勝。4歳のときにアイリッシュオークス(G1)で2着、オーク ス(同)で3着となっている(ただし出走馬は4頭のみ)。2頭のチャンピオンの母馬。
 
   

  祖母馬 アレグレッタ(アーバンシーの母馬)2歳のとき、2レースで優勝、3レースで入賞。 入賞レースにはオークストライアルステークス

 
   

  アーバンシー(米国)上記参照。

 
   

  キングズベスト(米国)牡馬、父馬はキングマンボ。2000年に欧州3歳馬の上位4頭にレイティングされ た。2歳から3歳の間に3つの
     レースで優勝。その中には、英2000ギニー(G1、ニューマーケット競馬場)が含まれる。現在は種牡馬。

 
   

  アレレトロワ(米国)牝馬、父馬はリヴァーマン。フラワー賞(G3)を含む3つのレースで優勝。

 






 
免責事項 | -
Follow us on Instagram  Follow us on Twitter